スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニバラ用植木鉢の作り方

ミニバラ・グリーンアイスとレンゲの植替え用にと、5号鉢を探したのですが、この大きさで気に入ったものが見つけられなかったので、作ることにしました。

手作り植木鉢

近所の100円ショップで、素焼きの5号鉢を買って来ました。

大抵の安い鉢は底穴が小さいので、使えないと思っていらっしゃる方が多いと思いますが、簡単に大穴に出来ます。
ドライバーのプラスと金槌で、少しづつ穴の縁をかき落として広げていきます。
コンコンコンと弱い力で叩いていけば、本体が割れる事はありません。

最初はの穴は2cmでしたが、バラ用なので思い切って4cmに広げました。

植木鉢の穴

色塗りは、以前から残っている紺色のラッカー塗料のミニサイズです。
薄め液は、100円ショップで買ったマニュキア除光液で十分です。
ポリ容器で、ものすごくテキトー(^^;)に薄めて、さっさか塗ります。
ハイスピードで塗った方が失敗しません。
内側は、土で隠れるところまででOK。
塗り重ねするなら、よ~く乾いてからしないと、ハゲが出来ます。

水性ペンキやアクリル絵の具を使うやり方は、黒田園芸さんのこちらに詳しく書いてありますので、ぜひ参考にして下さい。

模様は、これも100円ショップのリーフ型スパンコールを使います。
ツルは太めの糸です。
どの位置に貼るかよ~く考えてから、セメンダインを少し付けてガンガン貼っていきます。
セメンダインは仮止めなので、べったり付けなくていいです。
半乾きになったら指で押して、隙間を出来るだけなくします。
はみ出したセメンダインは、半乾きのうちにセロテープでペタペタするとムケます。

仕上げは、100円ショップのマニキュア・トップコートを使います。
スパンコールの表面や回りに、ベタベタに塗り重ねて、厚い被膜を作ります。
乾いては塗り、を3回くらい繰り返したら、出来上がり。
使っているうちにすぐ古びて来て、いい感じになります。(b^ー')

2010120102.jpg  2010120103.jpg

スリット鉢のように底根が回らないようにしたかったので、つっかえを作りました。
ペット樹脂かPPシートで、折り目が付けられるもの、折っても割れないものなら何でもOKです。
商品のパッケージに使われているものでもいいです。
長さは鉢の深さの半分くらい、“山”は5mmくらい。
植える植物と相談して下さい。
特に、内側に貼り付けたりしなくても大丈夫だと思います。
土を入れれば動かなくなりますから。

2010120104.jpg  2010120105.jpg

この鉢も、素焼きを塗ったものです。
模様の部分は、もともとレリーフになっていたので、その上から金のマニュキアを塗りました。
底穴も超小さかったので、コンコンあけ直しました。

テラコッタのウサギ

人気ブログランキングへ ←はげみにします。ポチっとお願いします。




スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
Ogislogo2.gif
ガーデニング誌ビズオフィシャルサイト
ガーデニング誌ビズ
オフィシャルサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。